2010年01月14日

海上コンテナトレーラー横転事故防止へ新法提出(レスポンス)

国土交通省は12日、18日招集の通常国会に、国際海上コンテナの陸上輸送について、横転事故防止など安全確保のための新法を提出すると発表した。

受け荷主等に対し、コンテナに詰められた貨物の品目、重量、積み付け状況などの情報をトラック事業者等に伝達すること等を義務付けるほか、港湾や埠頭で、過積載や偏荷重等の不適切な状態にある輸入コンテナを発見・是正するための制度も盛り込む。

また、安全速度での運転やコンテナロックの確実な実施等に関し、トラック運送事業者等が順守すべき事項も定める。

海上コンテナ陸上輸送の安全対策強化に向けた新法については、前原国交相が野党時代から必要性を指摘しており、民主党政策集「INDEX2009」にも盛り込まれていた。

これを受けて同省では、昨年12月4日に、海上コンテナに関する関係者らで構成する「国際海上コンテナの陸上輸送における安全対策検討会議」を立ち上げ、三日月大造政務官が中心となって新法の制定を検討している。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
コンビニでカーシェアリング、サークルKサンクスが首都圏で展開
国土交通省 特別編集

最近の農家事情
最近の大工事情
ショッピング枠現金化
自己破産
ショッピング枠現金化
posted by BKK王子 at 16:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「希望の灯り」分灯式=惨状知らぬ中学生も−阪神大震災から15年・神戸(時事通信)

 阪神大震災から17日で15年。これを前に神戸市中央区の公園で10日、震災モニュメント「希望の灯(あか)り」から火を取り分ける分灯式が行われた。18団体が参加し、震災を知らない中学生や兵庫県外の住民らも訪れ、モニュメントを管理するNPO法人の白木利周理事は「火は皆さんの心の中に付いています。一緒に災害のことを考えてほしい」と呼び掛けた。
 希望の灯りは2000年、一般の人たちの募金を基に、同県内10市10町のモニュメントなどから灯を集めて設置した。分灯式は毎年1月実施され、火は防災や追悼の行事に使われる。 

再起復活の友
p74g23ugのブログ
モバイル ホームページ
無料携帯ホームページ
債務整理
posted by BKK王子 at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。