2010年01月07日

<投資詐欺>近未来通信元役員の2被告を再逮捕(毎日新聞)

 IP電話会社「近未来通信」(東京都中央区、破産手続き中)を巡る投資詐欺事件で、警視庁捜査2課は6日、同社元専務の日置茂(44)と元常務の建石春雄(67)の両被告=いずれも別の詐欺罪で起訴=を詐欺容疑で再逮捕した。捜査2課は、約3年前に海外に逃亡した同社社長の石井優容疑者(53)=詐欺容疑で国際手配=の行方を追うとともに、同社が99年3月〜06年10月に全国の約4000人から集めた約603億円の使途の解明を進めている。

 逮捕容疑は、石井容疑者と共謀し、06年3月〜同11月に茨城県の会社役員の男性(59)ら2人に「中継局のオーナーになれば毎月80万円の収入が得られる」などと偽り、出資金約3500万円をだまし取ったとしている。

 日置容疑者は「うその内容でオーナーを募集したのは間違いないが、詐欺の認識はなかった」と供述。建石容疑者は「石井社長の指示でやった。詐欺は間違いない」と容疑を認めているという。

 警視庁は、東京都稲城市に住む会社役員の男性(65)ら計4人から出資金計約1億2000万円をだまし取ったとして、昨年11月に日置容疑者ら同社元幹部計6人を逮捕。東京地検は同12月、日置、建石両容疑者を詐欺罪で起訴し、他の4人については関与が従属的だったとして処分保留で釈放していた。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース】
詐欺容疑:「寝具購入リストに名前」削除偽り現金 愛知
詐欺:容疑の男逮捕“振り込め”集団リーダーか 愛知県警
エビ養殖詐欺:被害者260人が3億5千万円賠償求め提訴
福岡裏金接待疑惑:市町村振興協会分 詐欺容疑で立件へ
詐欺容疑:神奈川県職員が架空発注で公金横領 刑事告訴へ

障子破り
m7ypicroのブログ
ショッピング枠現金化
債務整理
無料携帯ホームページ
posted by BKK王子 at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。