2010年01月30日

16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望(産経新聞)

 「小学校の同級生だよ」−。33歳の男が学生服のブレザーを着込んでスクールバッグを持ち、高校生に変装した上で16歳の女子高生をナンパした。男は猛アタックの末、少女と約2カ月にわたる自宅での“奇妙な同居生活”を始める。「若い女性が好き」。男は同居中に少女にわいせつ行為を繰り返したなどとして、児童福祉法違反(有害支配)容疑で今月14日、神奈川県警に逮捕された。それまで女性との交際経験もなく、「イケメンでもないし、高校生にも見えない」(関係者)という男が、ゆがんだ欲望を実現させた顛末(てんまつ)は…。(大渡美咲、黒田悠希)

 ■高校生に変装

 「娘を傷物にした」

 少女の父親が怒りの対象とする男。児童福祉法違反容疑で逮捕された佐藤敏紀(としのり)容疑者=横浜市瀬谷区=だ。

 神奈川県警の調べによると、事件の始まりは平成20年7月にまでさかのぼる。

 「小学校の同級生だよ。覚えている? 僕は高校1年の16歳だよ」

 佐藤容疑者は、少女が当時通っていた県立高校の近くでこう話しかけた。黒のブレザーを身につけ、スクールバッグを持って高校生に変装していた。

 少女は「そうなのかな」と内心思ったが、それほど疑いを持つことはなかったという。見た目は小柄で、きゃしゃな感じという佐藤容疑者。県警捜査員や仕事先の関係者も「決して33歳には見えない」と口をそろえるのだが…。少女はすっかりだまされてしまった。

 佐藤容疑者はそれから3週間にわたり、少女を通学路で待ち伏せするなどストーカーまがいの行為を繰り返す。「いやだと思っていた」という少女だったが、断り切れず、佐藤容疑者に宅地造成地などに連れ込まれて無理やりキスをされたり、胸を触られたりしたという。その後もメールのやり取りや、公園での会話など関係は途切れることなく続いた。

 佐藤容疑者は当時を振り返り、「少女とは付き合っていた」と供述しているという。

 少女の母親は、少女の帰宅が遅いことから2人の関係に気づき、交際をやめるよう説得した。佐藤容疑者にも会いに行った。

 しかし、佐藤容疑者は少女の母親に対しても「高校1年です」と自己紹介したという。母親は「多少老けているな」と思いながらも佐藤容疑者の話をうのみにし、「まだ高校生なんだから変な関係にはならないで」と佐藤容疑者に頼みこんでいた。

 ■奇妙な同居生活

 少女は佐藤容疑者と知り合ってから半年ほどが経過した昨年3月、高校を中退した。何もすることがなく家にいたため、母親からは職に就くよう求められていたという。これが、少女と佐藤容疑者が同居するきっかけとなった。

 昨年7月26日、佐藤容疑者は働いていたパチンコ店を無断欠勤する。「もう家を出たいよ」と話す少女と会うためだった。

 「うちに来ればいいよ」

 佐藤容疑者は少女を自宅アパートに誘い、2人の同居生活が始まった。県警の調べに佐藤容疑者は「女性と付き合ってみたかったので家に呼んだ」と話している。

 自宅に住み始めた少女に佐藤容疑者は「おれの家族にはかかわるな」と言いつけた。佐藤容疑者は母親と兄の3人暮らし。いずれも無職で自宅にいることが多かったが、食事を一緒に食べることもなく、互いに干渉しない家族だったため、少女と家族が顔を合わせることはほとんどなかったという。佐藤容疑者は家族に対し、少女のことを「バイト先で知り合った26歳の彼女」と説明していた。

 近所に住む主婦は、「引っ越しのあいさつでうかがったときに、家の中が見えたんですけど、殺風景で生活感がなかった。お母さんはめったに見ることはなかった。佐藤容疑者はおとなしいけど変わった人という印象」と話している。

 佐藤容疑者は自分の部屋に少女を住まわせ、連日にわたってわいせつ行為を繰り返す。少女はこのときのことを「思いだしたくない」と語るほど苦痛に感じていたという。

 外出などは自由だったが、佐藤容疑者から「遠くに行くな」と言いつけられていた。少女の母親も捜索願を出すことなどはなかった。

 捜査関係者は「監禁とまではいかないが、心理的に佐藤容疑者のところに帰らなくてはいけないという思いにさせていたんだろう」と分析する。

 少女が「家に帰ろうかな」と言うと佐藤容疑者は、「家出しちゃったんだから後戻りはできないよ」と説得。それでも少女が別れを切り出すと、「別れるなら手首を切って死ぬ」と言ったり、少女の前でナイフを持って「胸を刺してくれ」と威圧感を与えたりといった言動を繰り返していた。

 ■若い女性へのあこがれ

 2人の同居生活は、佐藤容疑者の兄の一言で終止符を打つ。

 同居から約2カ月がたった9月、佐藤容疑者の兄が「うちは生活が苦しく面倒を見る余裕がない」と少女に話しかけた。「弟から26歳と聞いているが、どう見ても18歳未満だよね」と問いかけると、少女は「私は16歳」と答えた。

 兄が「弟は33歳なんだよ」と明かしたことで、少女は初めてだまされていたことに気づいた。少女はすぐに母親にメールし、母親が県警緑署に被害届を出した。

 少女は佐藤容疑者との関係について聞かれると黙り込んでしまうなど相当なストレスを抱えているという。少女の父親も「娘を傷物にした」と怒りを抑えられない様子で、母親も「娘をおもちゃにされた」と損害賠償を求めて、裁判所に提訴することも検討しているという。

 一方の佐藤容疑者は、容疑を認めているものの、反省するような様子はないという。

 少女との同居生活に入るまで、女性との交際経験もなかったという佐藤容疑者は「女性は若ければ若い方がいい。特に女子高生が好みです」と話しているという。

 県警によると、佐藤容疑者は「なかなかナンパできないので気の弱そうな子に声をかけた」と少女に声をかけた理由を説明。少女に執着したことについては「おとなしかったので自分に付いてきそうだった。付き合っていくうちに、ゆくゆくは結婚したいと思うようになった」とも。

 佐藤容疑者は少女と同居してから、昨年1月に働き始めたパチンコ店を7月に無断欠勤した後、辞めていた。アルバイトから正社員になって約2週間だった。給料は20万円程度で、少女の洋服代や食事代などを出していたため、貯金はほとんどなくなっていた。

 パチンコ店の関係者は「勤務態度はまじめで一生懸命と直属の上司から聞いている」と振り返る。佐藤容疑者は少女のことも店で話しており、「『6月に入籍する』と話していた」という。

 なぜ2人の関係が続いたのか。作田明・聖学院大客員教授(犯罪心理学)は少女の佐藤容疑者に対する思いについて、「誰も頼る人がいない中、佐藤容疑者と一緒にいるうちに存在が大きくなっていったのかもしれない。しかし、あとから考えると一方的に利用されたのではないか、などと悪いイメージがふくらみ、当時は受け入れていたことについても嫌悪感を抱いているのでは」と分析する。佐藤容疑者については「少女に逃げられたら後がないと、思い詰めていたのかもしれない」と話している。

【関連記事】
“元同級生”17歳サバ読みナンパ男の素顔…警察が激白
教え子にみだらな行為 容疑の塾講師を逮捕 愛知県警
12歳娘に淫行させる 容疑の母親ら追送検
6少年選手にわいせつコーチ懲役8年 「忍耐こそサッカー上達」
デリヘル「痴漢車トーマスくん」 経営者と女子高生を逮捕 警視庁

【中医協】医療クラーク加算、15対1と20対1を新設(医療介護CBニュース)
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官(時事通信)
ハイチに陸自部隊を派遣、復旧活動に参加(読売新聞)
首相、普天間飛行場の継続使用は容認せず(産経新聞)
反対派当選「受け止める」=平野官房長官(時事通信)
posted by BKK王子 at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

6000食ど〜んと完売…丼サミットいしかわ(読売新聞)

 全国6地域から、街おこしのための丼を集めた「全国丼サミットいしかわ2010 D―6」(奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会主催)が24日、金沢市の石川県産業展示館で開催され、約7000人が来場、用意した6000食を完売する大盛況となった。

 サミットには、「能登丼」(輪島など2市2町)のほか、「おらが丼」(千葉県鴨川市)、「小田原どん」(神奈川県小田原市)、「日豊海岸ぶんご丼街道」(大分県臼杵など3市)、「あがら丼」(和歌山県田辺市)、「どんぶり王国宇和島」(愛媛県宇和島市)と、特別参加の「白山百膳」(白山市)が出展。珠洲市の大浜地区で作られ、濃厚な豆の風味と甘みを生かした「大浜大豆地豆腐丼」、生の食感を残しつつ、独自のタレで煮た穴水町の「能登ガキ丼」など能登の“まいもん”をはじめ23店が自慢の味を披露した。

 この日は、午前10時の開場前から多くの人が詰めかけ、丼は続々と完売。昼過ぎにはほとんどが売り切れで、出店者からは「もっと用意できれば」と、うれしい悲鳴も聞かれた。両親と訪れた白山市千代野東の大西柚希君(3)、凛ちゃん(1)兄妹は「能登牛すじ丼」など3種類を食べ比べてにっこり。「お肉がおいしかった。おなかいっぱい」と満足した表情だった。

 サミットは今年10月、神奈川県小田原市で第2回が開催される予定。

小沢氏なぜ家族名義に?原資4億円に残る疑問(読売新聞)
<河野太郎氏>青木氏出馬表明に「古い自民の代表」(毎日新聞)
<小沢幹事長>4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
<イカ型ロボ>小型軽量化した新型2種が完成(毎日新聞)
<産業ガス販売>カルテルの疑いで十数社立ち入り 公取委(毎日新聞)
posted by BKK王子 at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

マンション非居住者限定の「住民活動協力金」は有効 最高裁(産経新聞)

 分譲マンションの管理組合が、部屋を所有するのに住んでいない非居住者だけに「住民活動協力金」名目で月2500円を負担させることの是非が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は26日、「金銭的負担を求めることは合理性を欠かない」として、徴収は有効とした。

 同小法廷は「協力金の負担を求めることは、管理組合の業務を分担できない非居住者と居住者の不公平を是正するためで、必要性と合理性が認められる」と指摘。金額は社会通念に照らして我慢できない限度を超えるとはいえず、大半の非居住者が支払っているとして、有効と結論づけた。

 判決などによると、問題となったマンションは大阪市北区に昭和40年代に建てられたもので、総戸数868戸。うち約2割が第三者に賃貸されるなどして、所有者が不在となっていた。管理組合は非居住者が組合の役員に就任できないことなどから、平成16年に規約を変更し、非居住者だけに月5000円を負担させることを決め、19年には2500円に減額していた。

【関連記事】
長谷工 さいたまの物件、下旬発売 マンション初の「長期優良」
二〇三〇年 ヒルズ、老朽化の先は…
中古マンションに「星の数評価」を 京都で全国初 
大阪・千里ニュータウン高齢化で明暗…東部は人口減、西部は子育て世代増加

検察幹部「小沢氏側は司法を軽んじている」(読売新聞)
<ハイチ大地震>AMDA代表ら被災者支援に出発(毎日新聞)
「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)
首相動静(1月19日)(時事通信)
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発(産経新聞)
posted by BKK王子 at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。